北大阪 千里中央 豊中市の矯正歯科、高橋矯正歯科クリニックの症例報告です。

症例報告

症例をご紹介いたします。

下顎前突症[受け口・混合歯列期]

受け口を主訴に来院されましたが、上顎乳中切歯の交換期で前歯が切端咬合可能だったため、永久前歯の交換を観察しましたが、永久中切歯が反対咬合を呈したため、Chin cap装置で下顎の前方成長を抑制しながら上顎plate装置で短期間に前歯被蓋を改善しました。その後、上顎歯列に叢生がみられたためEdgewise装置をセクショナルに用いて上顎歯列を配列したところ上顎前歯が前突したため、上顎facebow headgearを用いて歯槽性に上顎歯列を後退させながら、全顎のEdgewise装置に移行して、小臼歯を抜歯せずに良好な永久歯咬合を確立しました。

主 訴 受け口
診 断 骨格性下顎前突症
装 置 下顎chin cap装置,上顎plate装置,上顎sectional装置・Edgewise装置,上顎facebow headgear
治療期間 3年4か月(下顎chin cap装置),8か月(上顎plate装置),1年6か月(上顎sectional装置)+2年0カ月(Edgewise装置),2年5か月(上顎facebow headgear)

動的矯正治療終了時アンケート

治療例に戻る

このページの先頭へ