北大阪 千里中央 豊中市の矯正歯科、高橋矯正歯科クリニックの症例報告です。

症例報告

症例をご紹介いたします。

臼歯部交叉咬合[顔面非対称・永久歯列期]

大学病院にて上顎埋伏過剰歯を抜歯して埋伏永久歯を開窓牽引後、成長観察され顎変形症に対する外科矯正治療が必要であると説明を受けましたが、東京の大学への内部進学および海外留学を予定されており、短期間での被蓋改善を希望されてかかりつけの歯科医院のご紹介で来院されました。矯正歯科治療単独での左側臼歯部の被蓋改善が可能であると診断し、QuadHelixで上顎歯列弓を拡大しながらEdgewise装置を用いて上下顎小臼歯を抜歯して左側臼歯部交叉咬合および上下顎前突を解消し、上下顎歯列正中を一致させて良好な永久歯咬合を確立しました。

主 訴 歯並び,噛み合わせ
診 断 左側臼歯部交叉咬合,下顎の左方偏位・顎変形症,歯槽性上下顎前突症
装 置 Edgewise装置,QuadHelix(上顎拡大装置)
治療期間 2年6カ月(Edgewise装置)

動的矯正治療終了時アンケート

治療例に戻る

このページの先頭へ