北大阪 千里中央 豊中市の矯正歯科、高橋矯正歯科クリニックの症例報告です。

症例報告

症例をご紹介いたします。

埋伏歯[永久歯列期]

上顎右側犬歯が完全埋伏し、上顎左側側切歯が抜歯されており、歯周外科から埋伏歯の開窓牽引を依頼されて来院しました。下顎左側側切歯の歯槽骨吸収が進行しており保存不能のため抜歯し、下顎右側臼歯部のブリッジを撤去して残存している下顎右側第一大臼歯の遠心根を抜歯し、Edgewise装置を用いて上顎右側犬歯を開窓牽引して配列し、良好な永久歯咬合を確立しました。雑音がみられた顎関節症は、動的矯正治療中に急性化することはありませんでした。上顎正中の右方偏位の改善のために早期に上顎右側第二小臼歯部のimplantの撤去を依頼したのですが、強固に骨性癒着していたために撤去が遅くなり、また上顎右側犬歯の配列に時間を要したために動的矯正治療が長期化しました。

主 訴 歯並び,上顎右側犬歯の埋伏
診 断 歯列不正,上顎右側犬歯の埋伏,上顎右側側切歯および第二大臼歯・上顎左側第二小臼歯・下顎右側第一大臼歯の近心根の欠損
装 置 Edgewise装置
治療期間 3年11カ月(Edgewise装置)

動的矯正治療終了時アンケート

治療例に戻る

このページの先頭へ