北大阪 千里中央 豊中市の矯正歯科、高橋矯正歯科クリニックの症例報告です。

症例報告

症例をご紹介いたします。

臼歯部交叉咬合[顔面非対称・混合歯列期]

舌小帯が強直し低位舌を呈して上顎歯列弓が狭窄し右側臼歯部交叉咬合および骨格性下顎前突症がみられたため、舌小帯の形成をした後、Chin cap装置で下顎前方成長を抑制しながらQuadHelixで上顎歯列弓を拡大して右側臼歯部交叉咬合を改善しセクショナル装置を用いて上下顎前歯を配列しました。上顎側方歯の萌出余地が不足し永久歯列期になって上顎左側犬歯が低位唇側転位いわゆる八重歯を呈したため、Edgewise装置を用いて上下顎小臼歯を抜歯して短期間に前歯被蓋を改善し良好な永久歯咬合を確立しました。初診時にみられた臼歯部交叉咬合は下顎が側方偏位し顔の歪みが生じるため、早期の改善が必要です。

主 訴 歯並び
診 断 歯列不正,骨格性下顎前突症,上顎歯列弓狭窄,舌小帯強直
装 置 上顎QuadHelix,セクショナル装置,Edgewise装置,下顎Chin cap装置
治療期間 1年2カ月(上顎QuadHelix),1年1カ月(セクショナル装置),2年0カ月(Edgewise装置),7年10カ月(下顎Chin cap装置)

動的矯正治療終了時アンケート

治療例に戻る

このページの先頭へ