北大阪 千里中央 豊中市の矯正歯科、高橋矯正歯科クリニックの症例報告です。

症例報告

症例をご紹介いたします。

埋伏歯[混合歯列期]

上顎第一大臼歯の異所萌出により上顎第二乳臼歯が早期脱落したため小児歯科にて保隙装置を装着していましたが、上顎左側第一大臼歯が大きく近心転位し、上顎左側第二乳臼歯の萌出余地がなく、著しい骨格性下顎前突症傾向を示していたため、当院を紹介受診されました。2by4装置を用いて上顎第一大臼歯を遠心移動して上顎側方歯の萌出を誘導した後、セクショナル装置を用いて上顎側方歯を配列しました。第二大臼歯の萌出に伴い上顎側方歯の叢生が出現したため、二期治療としてEdgewise装置を用いて上顎歯列を配列したところ、短期間に良好な咬合が得られたため、患者様の希望により下顎の配列をせずに動的矯正治療を終えました。当初、著しい骨格性下顎前突傾向がみられましたが、Chin cap装置により下顎の前方成長が抑制され、矯正歯科治療単独で良好な咬合が獲得できました。

主 訴 歯並び,噛み合わせ
診 断 上顎第一大臼歯の近心転位による上顎第二小臼歯の萌出余地不足,骨格性下顎前突症
装 置 上顎2by4装置,下顎Chin cap装置,上顎セクショナル装置,上顎Edgewise装置
治療期間 1年5カ月(上顎2by4装置),2年3カ月(下顎Chin cap装置),3カ月(上顎セクショナル装置),12カ月(上顎Edgewise装置)

動的矯正治療終了時アンケート

治療例に戻る

このページの先頭へ