北大阪 千里中央 豊中市の矯正歯科、高橋矯正歯科クリニックの症例報告です。

症例報告

症例をご紹介いたします。

限局矯正[局所の矯正歯科治療]

下顎左側第二小臼歯の先天性欠如部に後方の第一大臼歯が倒れ込み、第二大臼歯が鋏状咬合ですれ違って干渉し歯科治療が困難だったため、歯科医院からの依頼で受診されました。上顎小臼歯および晩期残存乳歯を抜歯し空隙を閉鎖して歯列不正および歯槽性上顎前突を解消するのが理想的な治療でしたが、翌年に就職で東京に転居する予定で倒れ込んでいる下顎左方第一第二大臼歯の整位と第二大臼歯の被蓋改善だけを希望されたため、限局矯正治療で上下顎左側臼歯部のみに矯正装置を装着し、短期間に下顎左方第一第二大臼歯の整位と第二大臼歯の被蓋を改善し、歯科医院にて欠損部の補綴治療を行い、転居先で同部にインプラントを植立する予定です。

主 訴 歯並び,下顎左側第二小臼歯の欠損部の治療
診 断 歯槽性上顎前突症,下顎左右第二小臼歯の先天性欠如・下顎右側第二乳臼歯の晩期残存,上下顎左側第二大臼歯の鋏状咬合
装 置 Edgewise装置
治療期間 6カ月(Edgewise装置)

動的矯正治療終了時アンケート

治療例に戻る

このページの先頭へ