北大阪 千里中央 豊中市の矯正歯科、高橋矯正歯科クリニックの症例報告です。

症例報告

症例をご紹介いたします。

歯列不正[叢生・混合歯列期]

上下顎歯列弓が著しく狭窄し上顎前突および前歯部叢生がみられたため、機能的矯正装置であるBionatorで上下顎を拡大しながら上顎前突を改善した後、2by4装置で上下顎の永久前歯を配列しながら側方歯の萌出余地の確保をはかった後、矯正装置を撤去して第二大臼歯の萌出を観察しました。永久歯列期になって上顎犬歯が低位唇側転位いわゆる八重歯を呈し下顎前歯部に叢生がみられたため、Edgewise装置を用いて上下顎小臼歯を抜歯して良好な永久歯咬合を確立しました。混合歯列期から治療を開始しましたが、途中に矯正装置を装着していない期間をはさみ、永久歯列期の治療を開始した時点で噛み合わせおよび前歯被蓋が改善していたため、短期間に永久歯列期の治療を終えることができました。

主 訴 歯並び
診 断 歯列不正,歯槽性上顎前突症
装 置 Bionator,上下顎2by4装置,Edgewise装置
治療期間 9カ月(Bionator),1年1カ月(2by4装置),2年2カ月(Edgewise装置)

動的矯正治療終了時アンケート

治療例に戻る

このページの先頭へ